スクイーズ法は一人エッチにスパイスを加えるだけで効果あり

早漏防止のトレーニング方法

男性ですので、早漏防止のトレーニングは大部分の人がやったことがあると思います。オナニーやセックスをする時にに実は無意識に実行していることがあるんです。
実際に早漏のトレーニングというのはどのようにして行うのか、また、このトレーニングは医学的にも証明されているものであり効果は確実です。

現代ではネット検索してみれば、簡単に調べることが可能で、いくつかの方法が紹介されています。。
スクイーズ法、セマンズ法、PC筋法、亀頭トレーニング法などがあります。
この中でどのトレーニング方法が最も効果的なのかをご紹介していきたいと思います。
医学上で今、トレーニング方法として効果的なのは、スクイーズ法とセマンズ法があげられます。
短期で治る事はほとんどありませんが、長期間実践していく事で効果を確実なものにするので、実は男性の間でひそかにトレーニングしているという人も少なくないんです。

スクイーズ法とは、射精する前に自分のペースに従って、射精感が高まってきたら手でペニスをぎゅっと握って射精を阻止します。圧迫する時間が約4秒ぐらいで、射精感が治まるのを待ちます。
射精感が高まる、ぎゅっと握る、射精感が治まるのを待つというのを一つの流れとして認識してください。この流れを繰り返す作業してみれば、早漏の症状を改善することができます。

セマンズ法はスタート・ストップとも言います。とても有名な方法です。この方法は心理療法と行動療法を兼ね備えます。
パートナーと一緒に訓練することで、コミュニケーションやスキンシップもあるので非常に良い効果が期待できます。
最初は彼女や妻の手でペニスを勃起させます。射精感が高まったらこれはスクイーズ法と同じなのですが、圧迫してもらう。の繰り返しです。
時間を待っていれば、射精感覚をすぎましてから、また、セックス相手の手でペニスを操作して再び射精感覚をたどり着かさせます。このような動作を4~5回ぐら繰り返してから、ペニスの刺激を冷やさせます。
4~5回で繰り返すことを目安にトレーニングをするのが良いとされています。最後は我慢する事なく思い切り射精してトレーニング終了となります。

冒頭で説明しましたが、セックスをしている最中に射精感が高まってきて動きを止めて、射精感が治まったらまた動いてというのを繰り返したことはありませんか?
これはまさに早漏防止のトレーニングなんです。
意図的ではないにしてもこれを繰り返している人というのは少しずつ早漏が改善されていること間違いなしです。
早漏でお悩みの人は是非お試しください。